Affinity Photo

【Affinity Photo】RAW現像から写真編集までこれ1本でOK!

おはこんばんちは、chan14です。
(「おはこんばんちは」が分からない方はググってください)

RAW現像や写真編集でLightroom、Photoshopなどの月々の支払い辛いな〜、とか、興味はあるけど高いソフトを買うほどではないな〜、いいソフトないかな〜と考えていませんか?
そんな悩みを解決してくれるかもしれないのがAffinity Photoです!

RAW現像、写真編集ソフトで有名どころのAdobeのLightroomとPhotoshopでは約1,000円/月の費用がかかります。
買切りのソフトでは、Luminar 4が約10,000円、SILKYPIX Developer Studio Pro10が約20,000円になります。
無料ソフトもありますが、新しいカメラを買ったら対応していない・・・なんてことも。
そんな中、Affinity Photoは買切りで6,100円と非常に安価!
しかも、バージョンが更新されれば無料アップデートに対応してくれています。

私は職場でPhotoshopを使用していますが、個人ではAffinity Photoを使用して1年以上が経ちました。

この記事では1年使った私がAffinity Photoの特徴を紹介します。
最後にデメリットも紹介しています。
いいソフト!と断言しますが、使い方にもよりますので参考になれば幸いです。

Affinity Photoとは

2015年にMac用の画像編集ソフトとして発表されました。
RAW現像、写真編集が可能で、今はWindows版、iPad版もあります。
現在は「デスクトップ版」「アイパッド版」という形で使い方の紹介をされてる事が多いですね。
今回ご紹介するのはデスクトップ版になります。

Affinity Photoを選ぶ理由

圧倒的にAdobe(Lightroom&Photoshop)のユーザーが多い中、Affinity Photoを選ぶ価値はあるのか!?
冒頭にも書いた通り、安いのはわかるけど、機能が足りないんじゃないの?と心配になる人もいることでしょう。
次に出来ることと、記事のリンクを貼っているので参考にして見てください。

Affinity Photoで出来ること

Affinity Photoは安価なソフトですが機能は十分であると感じています。
例として

  • RAW現像
  • 多重露光
  • 比較明合成
  • 色の置き換え
  • 不要なものの削除
  • 切り抜き
  • 変形

などなど。
各々のやり方は下記で紹介します。

RAW現像

星空のRAW現像と、マクロで一括RAW現像の仕方です。

多重露光

多重露光のやり方です。
アイディア次第で素敵な作品を作る事が出来ます。

比較明合成

星を撮ったり、蛍を撮ったりが好きな私は結構、比較明合成を使います。
通常の比較明合成と、少し手を加えて、光が尾を引いているように見せる方法です。
こちらは、コメントを頂いて記事作成しています。
コメント頂ければ、わかることであればお答えさせていただきます。

写真の切り抜き

人物を切り抜いたり、商品を切り抜いたりする方法です。
この切り抜きが出来ると合成なんかで役立ちます。

その他

この辺は少し変わり種になっています。
全て紹介すると、ダラダラと長くなってしまいますので、ここまでとさせて頂きます。

どうでしょう?
結構いろんな事が出来ます。
他にも関連記事を書いています。

Affinity Photoの残念なところ

Affinity Photoの残念なところも紹介します。

  • 縦書きテキストがない。
  • ユーザー数が少ない。
  • Photoshopのスーパー解像度が羨ましい

縦書きテキストがない

私はそもそも、写真にテキストを入れることをあまりしないので、困ったことはありませんが、使い方によっては不便と感じる方もいらっしゃるようです。
縦書きテキストを使用したい方は注意が必要です。

ユーザー数が少ない

ユーザー数が少ないので、特定の使い方を調べるのに少し苦労するかもしれません。
そんな時は、このブログのことを思い出して、立ち寄ってみてください(笑)

Photoshopのスーバー解像度が羨ましい

機能に不満はありませんが、Photoshopのスーパー解像度だけは羨ましい。
カワセミとか撮ったとき、トリミングした後に、スーパー解像度を使いたい!
Affinity Photoでも出来るのであれば、どなたか教えてください。
(通常使用ではカメラの解像度は十分だと考えています)

まとめ

結論!
安価で高機能な写真編集ソフト!というのが私の中の位置付けです。
ユーザー数が多いソフトを使いたい!とか、周りの人に教えてもらいながらやりたい!という人はAdobe製品を選んだ方が無難でしょう。
そうでないのであれば、Affinity Photoを検討する価値は十分あります。

-Affinity Photo
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.