Affinity Photo

【Affinity Photo】人物を簡単、綺麗に切り抜く方法

おはこんばんちは、chan14です。
(「おはこんばんちは」が分からない方はググってください)

写真編集ソフトで出番が多い、写真の切り抜き。
簡単な形状であればいいのですが、人物の髪の毛とか、毛がフサフサの動物とかって綺麗に切り取るのが難しそうですよね。
私も少し苦手意識がありましたが、ちゃんとやってみると驚くほど簡単でした。
この記事では、簡単に綺麗に人物を切り取る方法をご紹介します。

【Affinity Photo】ペンツールを使って商品、製品を綺麗に切り取る

フサフサ、モコモコしていないものの切り抜き方法はこちらの記事で紹介しています。

Affinity Photoで人物を切り取る方法

それでは早速やっていきましょう。

今回、使う写真はこちらの次女の後ろ姿。
切り取りたい部分を拡大表示すると作業しやすいです。
Macでは「option」を押しながらマウスホイールをコロコロすると拡大、縮小が出来ます。
(Windowsだとaltかな?)

選択ブラシツールで切り取りたいところをなぞる

作業しやすいように拡大したら、選択ブラシツールを選びます。
左のメニューから選ぶか「W」キーでもOKです。

選択ブラシツールを使って、切り取りたいところを左クリックを押したまま、なぞります。

ブラシの大きさを調整して、切り取りたいところを大雑把(この段階では大雑把でOK)になぞると白と黒の破線で囲まれます。

上の写真では、足と足の間、左足の左側など、余分なところまで選択されてしまっています。
右手もちゃんと選択されていませんね。
ブラシを小さくして、少し丁寧に選択をしていきます。
余分なところは「option」と左クリックを押しながら、なぞると選択範囲を小さく出来ます。

服や顔など、輪郭がはっきりしたところは、輪郭に合わせて調整します。
おそらく、ここまでは簡単に出来たのではないでしょうか。
問題の髪の毛ですが、上の写真のように、少し内側までを選択したら、調整を選択します。

すると、選択範囲意外が赤くなります。
この赤い部分が削除されることになります。
この段階で髪の毛が元より、いい感じで選択されているのが分かります。
ここで、一度、プレビュー「オーバーレイ」となっているところを「白黒」に変更します。

すると、よりハッキリ選択範囲が分かります。
服の周りのもやっとしたところは、調整ブラシを「背景」にして、なぞるとモヤモヤを消せます。
逆に髪の毛で選択範囲が不足しているところは調整ブラシを「マット」にして、なぞってあげます。

左袖あたりにあったモヤモヤは消えて、髪の毛の選択もいい感じにできました。
ここまでしたら、右下の適用をクリックします。

元の画面に戻って選択範囲が波線で囲まれた状態に戻ります。

選択範囲を複製またはマスクレイヤーを追加

しっかりと切り取りたいところを選択出来たら、複製またはマスクレイヤーの追加をします。
どちらの方法も超簡単です。

選択範囲の複製

切り取りたいものが写っているレイヤーを選択した状態で「command」+「J」を押すだけです。

ちょろ過ぎますね。

マスクレイヤーを追加

これも超簡単。
先ほどと同じく、切り取りたいものが写っているレイヤーを選択した状態で、日の丸マークみたいなのをクリックします。

選択範囲だけが残ります。
これはマスクの☑︎チェックを外すことで元に戻せます。

他の背景に合わせて完成

既にお気づきの方も多いかと思いますが、今回はあらかじめ背景を用意してありました。
次女を移動させて、山を登っているっぽく配置して完成です。

まとめ

これで、人物、動物の切り取りも完璧です。
フサフサ、モコモコしていない(工業製品っぽい)直線的なもので、背景とのコントラストが低くて自動での判別が難しい場合はペンツールを使用した方が簡単です。

【Affinity Photo】ペンツールを使って商品、製品を綺麗に切り取る

フサフサ、モコモコしていない切り抜き方法もよければどうぞ〜。




-Affinity Photo
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.