Apple

MacユーザーにMicrosoft365関連のアプリが必要か考えてみる

おはこんばんちは、chan14です。
(「おはこんばんちは」が分からない方はググってください)

今回はMacユーザーにMicrosoft365関連のアプリが必要かと言う話。
いきなり結論ですが、感覚的には大半の人は必要ないんじゃないかな。
ちなみに、私も使っていません。

大半のMacユーザーはMicrosoft365は不要!?

Microsoft365の中でも、圧倒的に使用率が高いのはExcel、Word、PowerPointの3種類じゃないでしょうか?
私も仕事では大変お世話になっているソフトです。
が、これらが使いたいが為に(これだけの為に)購入を検討されている方はちょっと待った!です。

MacにはiWorkと言う無料で使えるNumbers(表計算)、Pages(ワープロ)、Keynote(プレゼン)があります。
これらを使ってみてからの購入検討でも遅くはありません!

Macユーザーが無料で使えるNumbersを使いこなしてExcelとおさらば!?

Macユーザーが無料で使えるPagesを使いこなしてWordとおさらば!?

Macユーザーが無料で使えるKeynoteを使いこなしてPowerPointとおさらば!?

各々についても紹介しています。

iWorkの良いところ

  • 無料
  • 使いやすい
  • iPhone、iPadとの連携

無料

なんと言ってもMacユーザーであれば無料で使えるのがありがたいですね!
Microsoft365を使用しようと思うと12,000円/年程度の契約をするか、38,000円程度で購入するかになります。
(詳細はMicrosoftのホームページにお任せします)
これを個人で使おうとすると結構良いお値段ですよね・・・

使いやすい

次にMicrosoft365より断然使いやすいです。
もちろん、ある程度使い慣れたりだとかはありますが、非常にシンプルなのですぐに慣れる事が可能です。
使いやすさに繋がるのですが3つのソフトの操作が非常に似ているので、どれか一つを使えれば他もある程度使えてしまいます。

iPhone、iPadとの連携

Macで作成した資料はiPhone、iPadでも確認、編集が可能です。
流石にiPhoneの小さい画面でいじる気にはなりませんが、出先でiPadでちょこちょこっと修正なんかは簡単に出来てすごく便利です!

iWorkのイマイチなところ

個人的には使用面での不満はありません。
が、使用ユーザー数がMicrosoft365と比較して圧倒的に少ない為、それに関する記事だったりも少ないのが欠点ですね。
Pages、Keynoteではそんなに感じたことはありませんが、Numbersでは関数の使い方調べたい(良い関数ないかな?)とググっても、なかなか記事が出てきません。
良く使う、関数はそのまま使えるので大きな問題はないですが、やはり調べて目的の記事を見つけるのはExcelの方が簡単です。

Microsoft365を使った方が良い人

最後にMicrosoft365を使った方が良い人ですが、iCloudの200GBまたは2TBのプランを使用している人はMicrosoft365 Personalにプラン変更を検討すると良いかもしれません。
Microsoft365 Personalでは、Excel、Word、PowerPointの他にも使えるソフトとサービスがあり、その中には1TBのOneDriveストレージが含まれています。
もちろん、iPhone、iPadでもOneDriveにアクセス出来ますので使用上で不便はありません。
2TBのプランを使用しているけど、そこまで使っていない人や200GBのプランで足りない人には良いのではないでしょうか?

まとめ

あなたはMicrosoft365、iWorkどちらを使いますか?
少しでもiWork仲間が増えたら嬉しいので、まずはお試しいただいてはいかがでしょうか?
Numbers、Pages、Keynoteの詳細についても、そのうち記事書こうと考えていますのでよろしくです(^^)
その他、Office Onlineを使うという選択肢もありますが、iWorkを使う人が増えて欲しいので、このブログでは触れません!笑

Mac関連の記事
iMovieでタイムラプスを作る方法
Chan14流!M1チップ搭載MacBook Pro必須アクセサリーとおすすめ初期設定
Chan14流!MacBook Proを快適に使う為のおすすめ設定

-Apple
-,

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.