Affinity Photo

【Affinity Photo】被写体を発光させる方法

おはこんばんちは、chan14です。

今回はAffinity Photoで任意のものを発光させる方法をご紹介します。
発光させる方法ですが、レイヤーのブレンドモード「覆い焼きカラー」を使う方法と、「加算」を使う方法の2種類を紹介しますので、お好みや写真によって使い分けてみてください。

覆い焼きカラーで発光させる方法

まずはAffinity Photoの覆い焼きカラーを使って発光させる方法から。
ちなみに私はこちらの方法が好みです。
では、やっていきましょう。

この写真は、数年前に家の庭に突如生えたキノコ。
記念に(?)撮っておいたので、活躍してもらいます。

写真の露出を下げる

この写真をそのまま使うと発光させても、分かりづらいので露出を下げておきます。
最初から暗めの写真を使う場合は、次に進んでOK!

後々の作業が分かりやすいように、ガッツリ下げておきます。

黒の長方形を追加する

写真全体に被さるように黒の長方形を追加します。

ここで、ブレンドモードを「覆い焼きカラー」に変更しておきます。

そうすると、元の写真が見えます。

長方形をペイントブラシツールで光らせた場所を白で塗る

長方形のレイヤーを選択した状態で、ペイントブラシツールを使って、発光させたい部分を白で塗ります。

このとき、不透明度、流量、硬さを調整して、ふんわり光っているっぽく見えるところを調整します。
ここでは不透明度40%、流量21%、硬さ11%とします。(ぶっちゃけ適当)
まずは全体、発光している部分と、その周りを少し光らせます。

これだけでそれっぽく見えます。
これで完成でもいいのですが、もう少し手を加えていきます。

オーバーレイを使って、幻想的な色にする

青い長方形を追加して、ブレンドモードをオーバーレイにします。

この状態でもう少し調整。
キノコの頭の部分が白過ぎるので、周りの色に合わせます。
最初に追加した長方形の中に、ピクセルレイヤーを追加します。

追加したピクセルレイヤーをペイントブラシツールで塗り塗りします。

ちょっと寂しいので、アセットで胞子っぽいのを飛ばしてみます。(無料のアセット)

完成です。
同じ方法で、石を光らせて、飛行石みたいなのも作って見ました。

 

こっちの方が上手に出来ていますね。

加算で発光させる方法

続いて加算で発光させる方法をご紹介します。

発光させたい被写体を選択、複製

光らせたいキノコを選択して、選択範囲を複製します。

複製したレイヤーのブレンドモードを「加算」にする

複製したレイヤーのブレンドモードを加算にします。

これで複製したキノコが明るくなり、少し光っているように見えます。

ガウスぼかしをかける

ぼかしをかけることで、ふわっと発光している感が出ます。
まずは半径5px程度に設定します。

レイヤーを複製して、ガウスぼかしの半径を変えていく

Affinity Photoガウスぼかし

ガウスぼかしの半径を変えていくことで、光のボヤッとした感じを表現出来ました。
レイヤーの数、ガウスぼかしの半径は写真であったり、光らせたい被写体の大きさによりますので、調整しながら試してください。

露出調整で周りを暗くする

キノコの発光をさせたら、周りを暗くします。
横着して、先ほど使った露出調整の☑︎チェックを入れて、有効にします。

いい感じですね。
露出調整のレイヤーは複製したキノコのレイヤーより下にしましょう。
そうしないとキノコも暗くなっちゃいます。

オーバーレイを使って幻想的にする

こちらでもオーバーレイを使って幻想的に仕上げます。
これも横着して、先ほどの長方形とアセットを有効にします。

完成です。

まとめ

今回使ったのは、覆い焼きカラーと加算。
どちらも簡単ですね。
発光させる被写体が何かに接している場合は覆い焼きカラーで、その周りも少し光らせる。
単体を光らせるだけなら加算が向いているように感じました。
あとは、どのようなアイディアが出てくるか!?次第ですね。

 




-Affinity Photo
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.