Blender

【Blender2.91】Blenderちょっと一息。ディグダとモンスターボール。

Blenderまだ諦めずに触っています。
が、早くも挫折気味です。
覚えること多すぎ!
ということで、今回はVARY GRAPHICSさんのYouTubeを参考にして、今回はアニメーションにチャレンジしてみた。

完成した動画がこちら。
わずか13秒のアニメーション、かつ複雑な形状のものは作っていませんが5時間くらいかかってしまいました・・・
ただ、初心者が作ったと思えば良い出来栄えではないかと!
ちなみにこれを作ろうと思ったきっかけは娘がポケモンにハマっているから。
ただ、それだけです。

モンスターボールのモデリング

最初、思考停止してVARY GRAPHICSさんのhttps://www.youtube.com/watch?v=-XfOXNZaWZE&t=72sを真似しようと思いましたがパカっと開くアニメーションはなかったみたいなので少しアレンジして見ました。

こんな感じで開けるようにしています。
一つのオブジェクトとしてアニメーション出来そうですが覚える気力がなかったのでバラバラのオブジェクトとして動かしてます。
それ以外は基本的にVARY GRAPHICSさんの動画を参考にしています。

ディグダのモデリング

ここは完全に適当です。
簡単そうなポケモンで真っ先に思い浮かんだのがディグダでした。
モンスターボールのモデリングで覚えた事の他に使ったのはモディファイアーの「サブディビジョンサーフェイス」と「ミラー」の二つだけで完成しています。

サブデイビジョンサーフェイス

四角柱をディグダっぽく、丸みを帯びさせるのに使用。

ミラー

目の部分を左右対象にするために使用。

モンスターボールが地面に落ちるアニメーション

順番が前後しますがVARY GRAPHICSさんのhttps://www.youtube.com/watch?v=BH47FOUlMEkでお勉強。
この動画ではポケモンが入ったであろうモンスターボールが地面に落ちて、ゲットされるアニメーションの作り方が解説されています。
最後のところはこのまま真似すればOK!

モンスターボールでディグダをゲットする

という事で、最後の一歩手前のアニメーションを作ります。

モンスターボールをディグダに当てる

まずはモンスターボールをディグダに当てるアニメーションを設定します。
モンスターボールの動きは大きく分けて下記の4つです。

カメラのフレーム外にモンスターボールを設置。

ディグダに当てる。

少し跳ね返った位置で止める。

モンスターボールを開く

正直、どの程度の時間で、どの程度の距離を動かすのが自然かが全く分からなかったので、少し長めの時間でキーフレームを設定して、再生しながらキーフレームの位置は調整しました。

ディグダをモンスターボールに入れる

次はディグダをモンスターボールに入れてやる必要があります。
考えなしだったので、ここで一度フリーズしました。
が、ここではモンスターボールのボタンが光るアニメーションと移動、縮小で乗り切ることにしました。

ディグダの体、目、鼻と同じようにマテリアルの設定をした(はず)のに何故か鼻だけ様子が違う・・・
が、原因究明は面倒だったので無視します。
今回はそれっぽいアニメーションを作るのが目的なので!
で、ここまで出来たらあとはVARY GRAPHICSさんのhttps://www.youtube.com/watch?v=BH47FOUlMEkを真似すれば完成です。

【Blender2.91】Blenderちょっと一息。跳ねるコイキング。その1
【Blender2.91】Blender初心者がディグダに命を吹き込んでみた。リアルな背景制作編

しばらくは簡単そうなポケモン作って、娘に見せながら、継続的にBlenderに触ることを目標にします。

-Blender
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.