Blender

【Blender2.91】Blender基本の「き」その2

Blenderの基本の「き」その2です。
慣れだとは思う(と信じたい)けど3Dってさっぱりわかりませんね。
という事で基本からぼちぼち覚えていきます。
その1はこちら。

【Blender2.91】Blender基本の「き」その1

使用しているバージョンはBlender2.91.0です。

Blenderのエディットモード(編集モード)

前回の記事でオブジェクトを移動したり、回転したりしたのは「オブジェクトモード」というモードでした。
今回はエディットモード(編集モード)を触ってみます。

エディットモードへの切り替え

まずはエディットモードへの切り替え。
オブジェクトが選択された状態で「tab」キーを押すとエディットモードに変更されます。
または画面左上のメニューからも変更可能。

エディットモードの操作

エディットモードの操作をしてみます。

選択モード

編集したいものの選択はカーソルを合わせてクリックなのですが、選択するものを「点」、「辺」、「面」に切り替えることが出来ます。
選択モードは左上のメニューからの切り替え、または数字キーの「1」=点、「2」=辺、「3」=面の切り替えとなります。

点の選択

おそらく初期設定では点になっているはずです。
オブジェクトの角が黒丸となっていて、カーソルを合わせると選択することが出来ます。
「A」キーを押すと、全ての点が選択されます。

辺の選択

選択モードを左上または数字の「2」で辺に切り替えて、辺を触ると辺が選択されます。

面の選択

先ほどと同様に左上から、または数字の「3」で切り替えてクリック。

エディットモードでオブジェクトを編集

上記の要領で、点、辺、面を選択してオブジェクトの形を変更していきす。
移動(G)、回転(R)、拡大・縮小(S)はオブジェクトモードと変わりません。
これだけでも結構いじれる気がするので試してみます。
とりあえず触って覚えていく作戦です。

選択するモードと場所をうまくやれば結構いじれそうですね。
ただ、目的もなく触るのも限界がありそうなので簡単そうなもので完成形を決めて触る方がいいのかな?
エディットモードでは、押し出しとかナイフとかあるのですが、どれをどのような場面で使うのか?という状態。
作りたいもの決めて、必要に応じて覚えていこうかな。

【Blender2.91】Blenderちょっと一息。カメラっぽいのを作る。

-Blender
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.