Blender

【Blender2.91】Blender基本の「き」その1

3DCG完全初心者なのでBlenderの基本の「き」から覚えていきます。

【Blender2.91】Blender基本の「き」その2

というか、少し見た感じだと多機能過ぎて基本から脱却できる気がしない・・・
やっていけば変わるのだろうか?
と、嘆いていても仕方ないのでとりあえず触っていきます。
使用しているバージョンはBlender2.91.0です。

Blenderのオブジェクト操作

先に画面構成(メニューの意味とか)を覚えた方がいいのかしれませんが面白くないので、とりあえず触る為の操作から覚えます!

オブジェクトとは

Blenderで作る3DCG(物体)のことです。
意味わからないけど、これを触るのが素人には新鮮で楽しい。(笑)

オブジェクトの選択

オブジェクトの選択はオブジェクトにカーソル合わせてクリック、または左上のメニューから該当するオブジェクト名をクリックで出来ます。

オブジェクトの移動

ここからは初心者的に使い勝手が慣れないところ。
キーで動きを指示するようです。
オブジェクトの移動はオブジェクトが選択された状態で「G」キーを押すとマウスで動かせます。
「G」の後にX、Y、Zのいずれかを押すと移動方向(移動軸)の固定ができます。
さらに、その後に数字入力で移動距離を指示することも可能です。

オブジェクトの回転

オブジェクトが選択された状態で「R」キーを押すと回転させることが可能。
移動と同様に、「R」の後にX、Y、Zのいずれかを押すことで回転軸の固定ができ、その後の数字入力で角度を指示できます。

オブジェクトの拡大・縮小

オブジェクトが選択された状態で「S」キーを押すと拡大・縮小が可能。
こちらも同様に「S」の後にX、Y、Zのいずれかで拡大・縮小される軸が固定されます。(1方向にのみ拡大・縮小される=正方形から長方形になる感じ)
また、「S」の後にShift+(X、Y、Zのいずれか)で押したキー以外の方向に拡大・縮小ができます。

オブジェクトの削除

オブジェクトが選択された状態で「X」または「delete」キーで削除です。

 

新規オブジェクトの追加

「Shift」+「A」でオブジェクト追加メニューが開きます。

 

とりあえず、オブジェクト消せて、新しいの出せて、動かしたり出来たので今回はここまで。
なかなか覚えるの大変そうだ。

【Blender2.91】Blender基本の「き」その2

-Blender
-

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.