Affinity Designer LINEスタンプ

Affinity DesignerでLINEスタンプ作ってみる2

先日、たぬきのスタンプがあっさり出来て、そのまま第2段としてひよこスタンプも一気に作ってみました。

今回は奥様より「ことわざのスタンプがいい!」とリクエストがあったので出来るだけそれに沿って作ってみました。
さてさて、前回記事ではAffinity Designerでスタンプイラストを制作するとこまでだったので続きを。

LINEスタンプの作り方 その2(登録〜申請)

  • LINE Creators Marketに登録する
  • 新規登録する
  • スタンプのアップデート
  • 審査結果を待つ(←今ここです)

LINE Creators Marketに登録する

まずはクリエイター登録をしない事には始まりません。
LINEアカウントがあればすぐに登録出来ます。
多少、入力が必要な項目もありますがサクッとやってしまいましょう。

新規登録をする

個人的にはここが面倒です。
販売マニュアルがあるのですがこういうのを確認するのは苦手・・・

マイページの新規登録から進んでいくとスタンプ、絵文字、着せかえの選択肢が出てきますのでスタンプを選びます。
あとは必要事項を入力していきます。
ここで1番嫌なのが英語でのタイトルと説明文が必須であること・・・
地元の結構お勉強出来ない工業高校で英語の成績1を取って補修を受ける程度には英語が苦手な私です。
とりあえずGoogle翻訳のお世話になりながらシンプルなタイトル&説明文を入力しておきました(笑)

「言語を追加」を選ぶと日本語でのタイトル、説明文を入力出来ます。
これを入力しておいた方が日本人には優しいでしょう、という事で追加。

あとはクリエイター名とコピーライトを入力。
クリエイター名は申請中のスタンプがあると変更出来ませんが後から変更可能です。
コピーライトとはなんぞや!?
と思ったらサインみたいなやつのようです。
とりあえず私は「©chan14」で登録しておきました。

1番下まで進んで保存します。
問題が無ければそのまま保存出来ますがタイトルが被っていたり、使えない文字使っていたりすると赤文字で指摘されますので素直に訂正してください。

スタンプのアップデート

保存されるとアイテム管理のページに進みます。
スタンプ画像のページに移動して制作したPNG画像を登録します。
あとは必要に応じてタグ設定、販売価格設定をして申請します。
今回は面倒だったので私は設定いじっておりません。

審査結果を待つ(←今ここです)

じっと審査結果を待っております・・・
また結果が出たら報告したいと考えていますのでこうご期待。
NGの方がブログネタとしてはおいしい・・・、けど面倒なのは嫌だな。

-Affinity Designer, LINEスタンプ
-,

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.