Affinity Designer LINEスタンプ

Affinity DesignerでLINEスタンプ作ってみる

外出自粛で暇過ぎるので休日はAffinity Designerで遊んでいます。
せっかくなのでLINEスタンプでも作ってみようかな、と思い立って行動中。
とりあえず長女リクエストでタヌキキャラでスタンプを作ることにしました。

LINEスタンプの作り方

  • キャラを作る
  • スタンプサイズのアートボードを作る
  • スタンプの作成
  • アートボード毎にPNGに書き出す
  • メイン、タブ用も作る

キャラを作る

キャラクターがタヌキに決まったところで正面、横、斜めとタヌキのイラストを作りました。

これを元に少し動きを入れたり、メッセージを入れれば使えるスタンプになるはず!!

スタンプサイズのアートボードを作る

LINEスタンプのサイズは370×320pxです。
イラストを作る時点でサイズを合わせておけば書き出しをする際にリサイズしなくていいので後々楽チンです。
注意点としては背景を透明にする必要があること!

これからもまだ暇は続くと思うので私は専用のプリセットを作っておきました。

スタンプの作成

下準備が出来たのでスタンプを作っていきます。
LINEスタンプの登録には必要数が決まっており8個、16個、24個、32個、40個のいずれかの数用意する必要があります。
8の倍数で登録可能ということになるので横8列、縦5行でアートボードを用意して1つのシートで全て管理をすることにします。
(もちろん1つづつシートを分けてもOKですが一覧で見えた方がいいかと)

上記写真のような形で用意して作れるところまでやって登録する作戦で作業を進めます。
今回は営利目的ではなく自分と家族くらいが楽しめれば程度の考えなので自分が使いそうなものを作ることにしました。

意外とサクサクと数が出来ていきましてあっという間に33個まで。
せっかくなので40個まで作っちゃって登録したいと思います。
とりあえずここまでで奥様と娘達の評価はまずまず。
もう一息!!

アートボード毎にPNGに書き出す

イラスト(スタンプ)が出来たらアートボード毎にPNGに書き出します。


ファイル→書き出しを選択します。

PNGを選択、領域で書き出すアートボードを選択、書き出しを選択すると保存画面に進みます。
ここで面倒なのが領域の選択肢に「全文書」というのがあるのですがこれは1枚にまとめられてしまうので使えません。
40個作ったら40回書き出し作業をする必要があります・・・
どなたか一発でアートボード毎に書き出す方法をご存知でしたら教えてくださいm(_ _)m

メイン、タブ用も作る

前項までで作ったもの中から1つ選んでメイン、タブ用のPNGデータも作る必要があります。
メインのサイズは240x240px、タブは96x74となります。
書き出し時にリサイズしてもいいですし、新しくアートボードを作ってコピペでもOKです。
私はメイン、タブ用にそれぞれアートボードのプリセットを作っておきました。

これでAffinity Designerを使うところは終了となります。
あとは登録申請するだけですね。

-Affinity Designer, LINEスタンプ
-,

Copyright© chan14ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.